私の仲間リンク集

 

芳賀一洋  立体風景画家。鉄道駅舎シリ−ズは昭和初期の郷愁が漂う。

神田修  木のカラクリ玩具作家。動物等のキャラクタ−には癒し感を覚える。

小山耕一  作陶家。幾何学文様皿は、硬い焼物に布であるかのような柔らかな視覚的触感を感じる。

内藤修  ステンドグラス作家。透明感の操作により揺らぐ時間の流れを描写する。

野出正和  玩具作家。玩具を通し、子供に遊びの爆弾を仕掛ける。

篠原行雄  鍛金作家。ふくよかさ、瞳の奥行き感は金属板材に魂を与えている。

平賀茂  建築写真家。建築を建物として撮るのではなく、気配として撮る。

堀水達雄  作陶家。かすれ、荒削り、無作為をあえて肯定し、つくり込まない力感を感じる。 

矢作信夫  小型蒸気機関車製造者。C12、C56シリ-ズは細部まで精密に再現されている。

古川健一郎  一台づつ手作りによる自動車工房。ノ−チラス スポ−ツ カ−ズ。

 

menu

 

Copyright 2008 Plan and Do design system .ALL Rights Reserved.